雨漏りの調査が終われば修理を行わなければなりません

雨漏りのサインはどこにでも現れます

雨漏りの調査が終わったら修理をします

雨漏りが発生した場合、壁紙が剥がれないように修理を行います。雨漏り修理は次のような流れで行うことになります。

雨漏り修理は上から下に行う

屋根の修理

屋根を修理する場合、調査時に判明した破損状況に合わせた修理を行います。例えば屋根材の経年劣化が原因ならば新品の屋根材と取り替えることになります。スレートや屋根瓦を新しいものと取り替えて塗装や防水コーキングを行います。部分的な修理が困難なときは屋根の葺き替え(全面的な屋根材の交換のこと)を行う必要があります。

ベランダの修理

まず、ベランダをきれいに掃除し、目視にてひび割れを確認します。外壁もしくは足場に亀裂を確認した後、防止コーキングを施します。次に散水検査を行い、雨漏りを防げているかどうかの調査をします。まだ雨漏りが発生しているようならば改めて調査を行い、原因の特定を行います。

外壁の修理

主にひび割れの補修と外壁塗装を行い、修理していきます。外壁の状態によっては外壁材の張替えや目地やサッシ水切りのコーキングを行います。外壁塗装は家の状態を守るのに重要であり、塗装することによって外壁を雨水や風などから保護することができます。なお、塗装剤には様々な種類があるので気になる場合は相談してみましょう。

内装と他の箇所の修理

屋根や外壁以外にも、雨漏りの修理を行うことは多いです。例えば物置ならば板の張替えを行ったり窓のサッシ交換やコーキング処理を行えば雨漏りを直したりできます。また、家の内部にまで雨漏りが及んでいる場合はその場所に応じた修理を行う必要があります。なお、壁紙の修理はこれら雨漏り対策が終わり、雨漏りの問題がないとわかった後に行います。