雨漏り箇所は調査でわかる

雨漏りのサインはどこにでも現れます

壁紙が剥がれる雨漏り箇所はどこ

壁紙は、雨漏りによって剥がれてしまいます。壁紙が剥がれてしまう雨漏り箇所は次のような場所が主に当てはまります。

雨漏りが起こりやすい箇所

屋根
雨漏りが最も多い箇所が、屋根です。瓦がずれていたり、ルーフの破損やコーキング剤の劣化、他にもスレートが浮いていたり経年劣化でひび割れていたり、板金の釘浮き程度でも雨漏り発生のリスクは上がります。内部に雨水が侵入することで屋根の材木は腐食し、耐久性が著しく悪化し、最悪の場合台風などで屋根が吹き飛ばされる可能性もあります。
外壁
家の壁にヒビが入っている場合、そこから雨水が侵入し、雨漏りが発生します。内部に侵入した雨水は建物を痛める危険性があります。なお、ヒビは乾燥や湿度上昇の繰り返しのほか、温度変化によってさらに拡大していきます。内部の鉄筋やコンクリートが膨張して破裂することを爆裂といい、これも雨漏りが原因で発生します。
ベランダ・バルコニー
ベランダやバルコニーは、屋根によって保護されていないことも多く劣化しやすい箇所の一つとなっています。また、人が乗る場所でもあり防水塗膜がはげやすく劣化しやすいため、念入りな対策が必要になります。特にひび割れが発生すると雨漏りになりやすいので注意しましょう。

この時期は特に危険なので注意

悪天候

雨漏りを警戒する上で、特に注意が必要なシーズンは、梅雨、台風、そして積雪です。梅雨や台風シーズンは雨が降りやすく、屋根やコーキング剤などに負担がかかりやすい時期です。台風の場合、すでにダメージがある屋根だと雨漏りのリスクが跳ね上がるため、できるだけ台風前に雨漏りのチェックや屋根の補修を行いましょう。また、積雪のシーズンも雪の湿気により雨漏りが起こりやすくなるだけではなく、雪が積もると作業の手間がかかるので注意が必要です。